正しいアイシング方法とは? | 右京区平川接骨院/鍼灸治療院グループ

土曜日、祝日も休まず営業!!
  • 太秦 平川接骨院/針灸治療院
  • 電話番号
  • アクセス
  • 西京極 平川整体院/針灸治療院
  • 電話番号
  • アクセス

正しいアイシング方法とは?

2016/07/26

みなさんこんにちは!

太秦平川接骨院ブログ担当の檀野です。

スポーツをしていて足を捻ってしまった時など皆さんどう対処していますか?

足を氷で冷やしたり、安静にしたりしている方が多いと思います。

今回は足首を捻った時の応急処置についてご紹介します!!

皆さん「RICE(ライス)処置」という言葉を耳にしたことはありますか?

このRICEとは英語の頭文字をとった言葉です。

rest (安静)

怪我をしたところを動かさず安静に保ちます

怪我をしたとき、無理に身体を動かしたり足首に体重をかけてしまうと痛みが増したり、怪我を悪化させてしまったりします。まず患部を動かさないように、体重がかからないようにすることが大切です。

:ice(冷却)

患部を氷で冷やして痛みを和らげます

次にアイシングで患部を冷やします。患部やその回りを氷で冷やすと、痛みが軽くなり内出血炎症を抑えることができます。最も一般的なのは、ビニール袋の中に氷を入れて患部にあてるという方法です。

:compression(圧迫)

包帯などで圧迫し、出血や腫れを防ぎます

患部を圧迫すると、出血腫れを防ぐことができます。足首の捻挫などで腫れがひどくなると、痛みが強くなり、それだけ治るのにも時間がかかります。弾性包帯(伸縮包帯)やテーピングなどで患部を適度に圧迫しながら巻きます。

:elevation(挙上)

患部を心臓より高い位置に保ち内出血を防ぎます

できるだけ患部を自分の心臓より高い所に持ち上げます。こうすることで内出血を防ぎ、痛みを緩和することができます。イスや台、クッションや枕などに患部をのせておきます。

この4つが捻挫したときの応急処置です。

捻挫してしまったときはこのRICE処置を使って少しでも幹部の状態を悪化するのを止めましょう!!

 

捻挫の症状に関してはこちら!!

 

平川接骨院/鍼灸治療院(太秦院)

京都市右京区太秦北路町8-3 シャンポール松室1F

075-748-0808

※予約優先制

太秦平川接骨院へのアクセスはこちら

スタッフブログ一覧へ戻る

お問い合わせ

お問い合わせ

太秦院

西京極院

ご予約・お問い合わせ

コロナウイルス対策について

初めての方へ

お悩みの症状

腰の痛み

施術メニュー

交通事故治療

トピックス

スタッフブログ

アクセス

太秦 平川接骨院/針灸治療院

西京極 平川整体院/針灸治療院

平川接骨院採用特設サイト

京都市南区平川接骨院

京都市伏見区久我の杜平川接骨院

京都市伏見区 - 伏見桃山 平川整体院

京都市西京区 – 上桂 平川接骨院/針灸治療院

京都市山科区 – 山科椥辻 平川接骨院/整体院

京都市上京区 – 今出川 平川接骨院/整体院

京都市中京区 – 四条烏丸 平川整体院

京都市左京区 – 左京区高野 平川接骨院/整体院

向日市 - 西向日 平川接骨院/針灸治療院

宇治市 - 六地蔵 平川接骨院/整体院

長岡京市 – 長岡天神 平川接骨院/整体院

滋賀草津

平川接骨院グループ

大阪府高槻市