野球肘について | 右京区平川接骨院/鍼灸治療院グループ

  • 太秦 平川接骨院/針灸治療院
  • 電話番号
  • アクセス
  • 西京極 平川整体院/針灸治療院
  • 電話番号
  • アクセス
  • 花園駅前 平川接骨院/整体院
  • 電話番号
  • アクセス

野球肘について

2017/09/22

みなさん、こんにちは!今回は野球肘についてお伝えさせていただきます!

                   野球肘

野球肘とは

野球肘は名前のごとく、野球によるスローイング動作、特に成長期の投手に

多く発生するオーバーユース(使いすぎ)により、投球側の肘の内側に発生

する投球時の痛みが主症状であるスポーツ障害です。

 

野球肘の原因

少年野球などでは大人の骨と比べ、柔らかく繰り返しの投球動作により骨の変形が発生したり軟骨が損傷したりするケースもあります。しかし、最も多いのは筋肉の使い過ぎによる痛みと言われています。

ボールを投げる際には肩だけでなく手首や肘を曲げる筋肉を使います。

それが何度も何度も繰り返されることで手首や肘を曲げる筋肉(屈筋群)に疲労が蓄積し柔軟性が低下し筋肉が硬くなってしまいます

そして、屈筋群は肘の内側に付いているので、柔軟性が低下し、硬いまま使い続けると肘の内側に

ある筋肉の付着部が引っ張られ筋肉・筋膜の線維が微少な損傷、炎症を起こし野球肘となります。

 

野球肘の治療方法

野球肘の原因は「筋肉」の硬さでした。そして痛みの原因になる筋肉の硬さのことを

トリガーポイント」と言います。当院ではこのトリガーポイントに対し手技治療、鍼治療や

ハイボルト治療、レーザー治療、電気治療をすることでトリガーポイントを取り除き、筋肉の柔軟性を

高め、柔らかくして肘に対する負担を取り除いていきます。

そして、痛みが取れれば痛みを繰り返さないためにその後のメンテナンスもさせていただきます。

 

「痛みがあるが練習を休むと周りにおいていかれるしな」、「放っておいたらそのうち良くなるだろ」

そう思っている方!放っておいても良くなることはありません。

皆様のお悩み一度当院に電話でも結構ですのでご相談ください!

 

平川接骨院/鍼灸治療院(太秦院)

京都市右京区太秦北路町8-3 シャンポール松室1F

075-748-0808

※予約優先制

太秦平川接骨院へのアクセスはこちら

スタッフブログ一覧へ戻る

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ

初めての方へ

お悩みの症状

腰の痛み

施術メニュー

交通事故治療

トピックス

スタッフブログ

アクセス

太秦 平川接骨院/針灸治療院

西京極 平川整体院/針灸治療院

花園駅前 平川接骨院/整体院

平川接骨院採用特設サイト

京都市南区平川接骨院

京都市伏見区久我の杜平川接骨院

京都市右京区 – 西京極 平川整体院/針灸治療院

京都市西京区 – 上桂 平川接骨院/針灸治療院

京都市山科区 – 山科椥辻 平川接骨院/整体院

京都市上京区 – 今出川 平川接骨院/整体院

向日市 - 西向日 平川接骨院/針灸治療院

平川接骨院グループ

肩こり専門整体_KATA+